モジュール詳細:1Dチェス

何をするにしても、慌てる必要はない

モジュールには、8~11個のタイルと、木製の黒板がある。爆弾が起動するとパズルを作成しようとする。しばらく時間がかかる場合がある。

有効なパズルが作成されると、黒板は「Mate in #」と表示する。#は移動の制限数である。

モジュールを解除するには、CPUを負かす必要がある。黒板で指定された回数内でチェックメイトできない、または試合が負け/引き分けになるとミスが記録され、モジュールがリセットされる。

ゲームルール

  • 4~8個のチェスの駒は白と黒に分けられる。試合は左から右に8~11の正方形の1次元ボードで行われる。コーナーは直線として扱う。
  • 王が攻撃されると「チェック」となる。チェックされたプレイヤーはこの状態から脱する必要がある。プレイヤーは自分自身をチェックすることはできない。
  • 1Dチェスの試合に勝つには、対戦相手をチェックメイトさせる必要がある。チェックメイトでは、対戦相手はチェック状態であり、その状態から脱することができない事を指す。
    • チェックではないが、プレイヤーまたは対戦相手が動くことができない状態になると膠着状態となり、引き分けとなる。
名前 アイコン 動き
「K」キング 前後に1スペース
「N」ナイト 前後に2スペース/別の駒を飛び越えられる
「P」ポーン 前方(対戦相手の王の方向)に1~2スペース
「B」ビショップ 前後に偶数分のスペース
「R」ルーク 前後に奇数分のスペース
「Q」クイーン 前後に任意のスペース