モジュール詳細:アトランティス

a

このモジュールには、円形に配置された8つのボタンと中央に配置されたトライデント(槍)がある。これらのボタンには、ギリシャ文字で構成された単語が表示される。

全ての単語は、カエサル暗号を使用してX回分前方にシフトさせる必要がある。Xは、全ての単語に文字アルファ(α)が出現する回数Yが最大となるような最小の値である。

モジュールを解除するには、XとYの正の差を見つけ、トライデントが指しているボタンから開始して時計回りに正の差分を数える。最終的に辿り着いたボタンを押す。

カエサル暗号を使用した前方へのシフト(シフト数をNとする)とは、まず各文字を数値に変換(付録Aを参照)し、各数値にNを加算して24でモジュロする。結果の数値を文字に変換(付録Aを参照)する。

更なる挑戦を受けたい場合は、任意のボタンを長押しすれば、更なる深き場所へ導かれる……。

付録A:ギリシャ文字変換表

数値文字名文字
1アルファα
2ベータβ
3ガンマγ
4デルタδ
5イプシロンε
6ゼータζ
7イータη
8シータθ
9イオタι
10カッパκ
11ラムダλ
12ミューμ
数値文字名文字
13ニューν
14クサイξ
15オミクロンο
16パイπ
17ローρ
18シグマσ
19タウτ
20ウプシロンυ
21ファイφ
22カイχ
23プサイψ
24オメガω

モジュール詳細:深層アトランティス

α

モジュールには、円形に配置された8つのボタンと、中央にトライデントがある。

以下の表を確認する。

X+22X-13X-1
2X+1XX-1
3XX+12X
  • シリアルナンバーの数字の合計の数字根を取り、左上のセルを1として読み順に数字根の結果の数分数える。
  • そのセルを中心とし、周囲にあるセルの位置に対応するモジュール上の各ボタンに各関数を割り当てる。この表の端はループする。
  • 全ての単語は、それぞれのボタンに割り当てられた関数を基にカエサル暗号を使用してX回シフトされる必要がある。Xは、全ての単語に文字アルファ(α)が出現する回数Yが最大となるような24未満の最小の値である。

モジュールを解除するには、XとYの合計を取得し、指されたボタンから時計回りに数えて到着したボタンを押す。