モジュール詳細:戻りボタン

この爆弾をもう一度やり直せたらと痛感する。

モジュールには13個のボタンがあり、それらに「戻る」というニュアンスのテキストが書かれている。右上にはディスプレーもある。

このモジュールを解除するには、左上のボタンから開始して下のルールに基づいてボタンを押すかを判断し、条件が真であれば押す必要がある。読み順で次のボタンに移動し、最後のボタンに到達するまでこれを繰り返してから、一番最後のボタンを押す。正しくボタンが押されるとモジュールは解除される。正しく押された回数がディスプレーに表示される。

ただし、「RETURN」「BACK UP」「<--」のいずれかが書かれたボタンに到達した場合は、そのボタンを判断するに左上から今までのボタンのうち条件が真ではないボタンを読み順で押す必要がある。これが再び発生した場合は、条件が真であるボタンを押す必要があり、それ以降は真ではない、真である、のように交互に繰り返す。

間違ったボタンを押すとミスが記録されるが、モジュールはリセットされない。

位置 条件
A DVI-Dポートかシリアルポートがある。
B このボタンのテキストは戻る矢印である。
C シリアルナンバーに「B」または「7」が含まれている。
D 爆弾にモジュール「壊れたボタン(Broken Button)」または「番号付きボタン(Numbered Buttons)」がある。
E 次のボタンのテキストに「K」または「N」が含まれている。
F 正しく押された回数が2~3回である。
G BOBインジケーターまたはCLRインジケーターがある。
H 爆弾に「BACK(スペースを除く)」という単語が含まれた名前の別のモジュールがある。
I 正しく押された回数が素数である。
J 前のボタンのテキストが「RE」から始まる。
K バッテリーが2つ未満である。
L このボタンのテキストは他のボタンと被っていない。