モジュール詳細:バックドア・ハッキング

ご冥福をお祈りします(バキューン)。

  • モジュールは定期的に起動する。起動した時、分析担当者は爆弾に触れることができなくなり、スクリーンを覆うハッキングを防がなくてはならない。
  • ハッキングには4つのステップがある。
    1. 爆弾から遠ざけられる。
    2. 「ZONEWALL」ミニゲームに参加させられる。
    3. 3つのうちのいずれかのミニゲームに参加させられる。
    4. 結果によってDOSコインを獲得・没収させられる。
  • 所持DOSコインは爆弾の全てのバックドア・ハッキングモジュールで共有される。

ボタンの機能

  • 一番上のボタンはダークウェブの接続・切断をすることができる。接続した場合、20%の確率で即座にハックされる。このボタンを押した後には10秒間のクールダウンがあり、その間はボタンを押すことができない。
  • 2つ目のボタンを押すと、得られるDOSコインが1.25倍になる。これは失われるコインには適用されない。ボタンを押すには100DOSコイン支払わなければならない。
  • 3つ目のボタンを押すと、接続ボタンのクールダウンの時間を半分にする。ボタンを押すには75DOSコイン支払わなければならない。
  • 最後のボタンを押すと、爆弾が解除される。ボタンを押すには(モジュールの総数×15+30)DOSコイン支払わなければならない。

ミニゲームのルール

ZONEWALL

  • このミニゲームは必ず最初に行われる。このミニゲームでDOSコインを失うことはない。スペースを押すと前後するラインを止める事ができる。
  • 全てのラインを赤い範囲内で止めることができた場合、ハックを即座に止めることができる。赤い範囲内で止められなかったラインにつき、その後のミニゲームの難易度が上昇する。ただし、ミニゲームの難易度が高いほど成功時の得られるDOSコインは増加する。

ミニゲームのルール(続き)

memD3FR4G3R

  • ミニゲームは文字のシーケンスを表示する。表示された文字を順番にキーボードで打ち込む。表示されていない文字を打ち込むとミニゲームに失敗する。

stackPUSHER

5×5のグリッドにいくつかのアイコンが描写される。全てのスタッカアイコンをゴールアイコンまで導く。スタッカアイコンは隣接する8マスにいずれかに移動アイコンがある場合のみ移動することができ、その隣接する8方向にのみ移動することができる。移動アイコンは好きな位置に移動することができる。ただし、いずれのアイコンも重なることはできない。WASDを利用してカーソルを移動し、スペースキーで場所を選択する。無効な移動や無効な場所を選択するとミニゲームに失敗する。

スタッカアイコン
移動アイコン
ゴールアイコン

N0D3H3XER

  • 5×5のグリッドに正八角形が表示され、それぞれアルファノード(中央がダイアモンド)かベータノード(中央が正方形)のどちらかである。
  • いくつかのノードは白く強調されている。オレンジで縁取られた開始ノードを強調されたノードまで導く。ただし、アルファノードとベータノードを交互に訪れなければならない。一度通ったノードを再び通ることはできず、元に戻すこともできない。
  • ノードを移動させるには、キーボード上のSを中心とした3×3のキーを利用する。S以外はSから見たキーの方向に移動させ、Sは経路を送信する。