モジュール詳細:論理迷路

論理?いや!

このモジュールには、ULRDSTUCK?RESET!の6つのキーと、0から3までの数字をランダムに表示するディスプレーがある。

成功の秘訣

  • このモジュールを解決するには、スタート地点からゴール地点まで移動する。
    • スタート地点:シリアルナンバーの(3文字目、4文字目)の位置
    • ゴール地点:シリアルナンバーの(5文字目、6文字目)の位置
  • 英字の場合は数字に変換(A=1,B=2...)し、10を超える場合は一桁になるまで繰り返し10を引く。
  • 座標は(段、列)の形式で表示される。左上は(0,0)となる。
  • ディスプレーの数字を二桁の二進数に変換する。
  • ULRDを使用して、それぞれ上・左・右・下に迷路を移動する。
  • 現在地に隣接する地点の論理ゲートを見て、変換した二進数を入力としたときに出力が1になる方向にのみ移動できる。
  • 論理ゲートの出力が0の場合は、その場から動かずにミスが記録される。
  • 迷路の端から出ることはできない。出ようとした場合はその場から動かず、ミスが記録される。
  • 4方向の出力が0の場合はSTUCK?を押すことでディスプレーの数値を変更することが出来る。移動できる方向があった場合はミスが記録され、モジュールがリセットされる。
  • リセットしたいときはRESET!を押すことが出来る。
  • 注:ゴール地点の論理ゲートが0か3の場合、ゴール地点が0か3でなくなるまで1マス移動する。移動する方向は、最初にディスプレーに表示されていた数字で決定する(0 = 上、1 = 右、2 = 下、3 = 左)。移動する方向が迷路の端である場合、迷路の反対側にループする。
論理迷路

迷路

0123456789
001,21,2,331,2,331,201,2,31,2
11,231,2,301,2,31,2,31,2,331,23
21,2,331,2,31,2,31,201,2,331,2,31,2,3
3301,2,301,2,31,2301,2,31,2,3
41,2,31,2,331,2,31,2,301,2,31,2,301,2
51,21,2,3301,2,31,2,3301,21,2,3
61,2,31,2,3301,2,331,21,2,31,2,31,2
71,231,2,31,2,31,2,31,2001,2,31,2,3
81,21,2,31,2,31,2,333001,2,31,2
91,2,31,2,31,2031,2,31,21,2,330