モジュール詳細:ブーリアンネットワーク

世の中には10種類の人間がいる。俺か俺以外かだ。

  • このモジュールのステータスライトは右上にある。左下にある場合、反転ブーリアンネットワークを参照している
  • このモジュールには白か黒で縁取られた6つのボタンと9から12本の矢印が含まれる。
  • ボタンの縁の色はステップ0でのボタンの状態を示している。縁が白の場合、そのボタンのステップ0の値は1であり、黒の場合値は0である。
  • 次のステップのボタンの状態を決定する入力は、矢印の形状によって次のように解釈される。
A -> B 前のステップのAの値が1の場合、入力は1である。そうでない場合、入力は0である。
A -| B 前のステップのAの値が1の場合、入力は0である。そうでない場合、入力は1である。
  • 次のステップのボタンの値は、矢印で決定した入力とボタンの色で決定する。
全ての入力が1の場合、次のステップの値は1である。そうでない場合、入力は0である。
いずれかの入力が1の場合、次のステップの値は1である。そうでない場合、入力は0である。
過半数の入力が1の場合、次のステップの値は1である。そうでない場合、入力は0である。
  • ステップ3での値が1となるボタンをすべて押してから2秒が経過するとモジュールが解除される。正しいボタンがすべて押されてない状態、あるいは誤ったボタンが押されている状態で最後にボタンを押してから2秒が経過するとミスが記録され、それまで押したボタンの状態はリセットされる。