モジュール詳細:コードクオリティー

ジャズには何でもあるって聞いてたけど、こんなつまらない表があるなんて知らなかった!

コードクオリティー表は次のページにある。

  1. このモジュールは、A~G#までの12個の音が順に付いたダイヤルで構成されている。
  2. 三角形で指定されている4つの音は指定されたコードを構成する。
  3. 全てのコードはルート音クオリティーで構成されている。例えば、コード「C-7」はルート音「C」とクオリティー「-7」に分類できる。次の表を使用するか音楽理論の知識を利用して、特定のコードのルート音とクオリティーを特定する。
  4. 指定されたコードのルート音とクオリティーを以下の表で変換し、回答コードを決定する。
  5. 手順3を逆に実行し、回答コードの構成音を特定し、それぞれの該当する音を北に設定して「◈」を押す(押された音はLEDが点灯する)。
  6. もう一方のボタンを押してモジュールを解除する。答えは常に一通りである。

ルート音からクオリティーへの変換クオリティーからルート音への変換
A-Δ7♯57G
A♯Δ7♯5-7G♯
B-7Δ7A♯
Cø-Δ7F
C♯-add97♯9A
DΔ7øC♯
D♯7♯9add9D♯
E7sus-add9E
Fadd97♯5F♯
F♯7Δ7♯5C
G-Δ77susD
G♯7♯5-Δ7♯5B

コードクオリティー一覧表

次の表を使用し、特定のクオリティーに含まれる音の位置を特定できる。コード内の各音は「X」で表示され、空白は音と音の間を示している。半音単位のオフセットは左端の列に記載されている。+12は0と同義である。

オフセット7 ‑7 Δ7 -Δ7 7♯9* ø add9 -add9 7♯5 Δ7♯5 7sus -Δ7♯5
+0XXXXXXXXXXXX
+1------------
+2------XX----
+3-X-XXX-X---X
+4X-X-X-X-XX--
+5----------X-
+6-----X------
+7XXXX-XX--X-
+8--------XX-X
+9------------
+10XX--XX--X-X-
+11--XX-----X-X

*+7にあるべきである5度の音は省略する。