モジュール詳細:凍った豆

私と男の子は午前3時に豆を温めなおす。

このモジュールは モジュール「豆」に似ているが、いくつか異なった点がある。 豆は全て冷凍されており、それぞれの豆の色や揺れが分からない。モジュールを解除するには、3つの食べられる豆を食べる必要がある(ただしそれ以上は食べない)。 正しい豆がない場合は、別の豆を食べてもミスにはならない。ただし、各豆は食べる前に(電子レンジを使用して)解凍する必要がある。解凍されると豆の色などの情報が明らかになる。 間違った豆を食べたり解凍したりするとミスが記録される。豆は読み順の逆で食べる必要がある。3つを超えて豆を食べるとミスが記録されるが、モジュールは解除されたままになる。 食べた豆は見えなるなるので注意する必要がある。

解凍してはいけない豆の特定方法

解凍してはいけない豆の一つ目を特定するには、シリアルナンバーの1番目の英数字を36進数*に変換する必要がある。この数字の数字根**を取り、結果が0の場合は9に変換する。読み順でその位置にある豆は解凍してはいけない。

解凍してはいけない豆の二つ目を特定するには、シリアルナンバーの2番目の英数字を同様に変換する。1つ目と2つ目が同じ場合、おめでとう!解凍してはならない豆は一つしかない。解凍してはならない豆を特定したら、それ以外の豆を1秒以上長押しすることで解凍することができる。豆を3秒以上加熱すると電子レンジがショートするので注意する必要がある。両親に怒られ、ミスが記録される。

*36進数の変換について、数字はそのままである。英字に関しては、アルファベット位置に9を加算した数字になる。
**各桁の数字の合計を求める、という工程を1桁になるまで行う。

3つの食べられる豆を特定

食べられる豆は、異なる3色の3つの豆である。以前に食べた豆に隣接(上下左右)している豆を食べるのは不衛生なので食べてはならない。