モジュール詳細:デジタルダイヤル

*クルッ* *クルッ* *クルッ* *クルッ*

  • モジュールには、3つのダイヤル、それぞれの上にある小型のディスプレー、上部にある大型のディスプレー、及びSUBMITボタンがある。
  • 各ダイヤルは0~9を循環し、ダイヤルを回すことで上部の数字も変更される。
  • ダイヤルは左から1、2、3と読み取られる。
  • 各ダイヤルを正しい方向に設定し、正しいタイミングで送信することでモジュールを解除することが出来る。
  • 間違った方向に設定したり、間違ったタイミングで押すとミスが記録される。

ステップ1:初期位置

上部の3桁を以下の手順を実行して変化させる。

  • A: シリアルナンバーの最初の数字を百の位の桁に加算する。
  • B: シリアルナンバーの2番目の数字を十の位の桁に加算する。
  • C: シリアルナンバーの3番目の文字を一の位の桁に加算する。シリアルナンバーの数字が2つしかない場合は、ポートの数を加算する。
  • D: 3桁それぞれを乗算する。結果が1000以上の場合は下3桁を使用する。
  • E: 数字が3桁未満の場合、3桁になるまで数字の前に0を付ける(11の場合は011となる)。
  • F: 百の位の桁をダイヤル1に設定する。
  • G: 十の位の桁をダイヤル2に設定する。
  • H: 一の位の桁をダイヤル3に設定する。

ステップ2:最終位置

ダイヤルを設定後、各ダイヤルの上部に表示された数字を表に使用する。

数字を特定し、初期位置の各ダイヤルに加算する。10を超える場合は最下位桁を使用する。

結果の数字を使用し、各ダイヤルを再設定する。これが最終位置になる。

ダイヤル1

-0-1-2-3-4-5-6-7-8-9
0-6709384125
1-0291876435
2-8157329460
3-2048956317
4-8150723964
5-4158376209
6-3794508261
7-8217546930
8-9253867401
9-5627938041

ダイヤル2

-0-1-2-3-4-5-6-7-8-9
0-2853961740
1-4561072983
2-3067148295
3-1860453927
4-5074291836
5-9801576423
6-3982467051
7-5319802764
8-3512940786
9-9106835472

ダイヤル3

-0-1-2-3-4-5-6-7-8-9
0-9825401763
1-7520618493
2-5317840629
3-0872953164
4-2169034875
5-8504361279
6-7018256439
7-4617289350
8-2546701983
9-1253894067

ステップ3:押すタイミング

以下の手順に従ってタイミングを決定する。

  • A: 最終位置設定後のダイヤルの上の3つの数字を乗算する。
  • B: 結果の数字根を取る(各位の和を求め、その結果の各位の和を求め、という作業を数字が一桁になるまで繰り返す)。
  • C: カウントダウンタイマーの右端の桁がこの数字のときに送信する。