モジュール詳細:暗号化迷路

四角いペグを八角形の穴に入れよう。

このモジュールは、6×6の迷路を表示するディスプレイと、移動するために4つの矢印で構成されている。

  • モジュールを解除するには、開始地点から目的地点まで移動する必要がある。
  • これらの位置と正しい迷路は、ディスプレイに表示される2つの回転するマーカーによって暗号化されている。
  • 壁に移動するとミスが記録される。モジュールはリセットされず、迷路も変更されない。

位置の復号化

現在地点は、時計回りに回転するマーカーが示している。
目的地点は、反時計周りに回転するマーカーが示している。

  • 各マーカーはパターン数字を示す。
  • マーカーの形状に対応した数字にマーカーのある段(1~6)の数字を合計し、6より大きくなる場合は1~6の範囲になるまで繰り返し6を減算する。
  • マーカーのパターンと数字を対応する表に使用し、それぞれの位置を特定する。
現在地点
1 2 3 4 5 6
. . . . . .
. . . . . .
. . . . . .
. . . . . .
. . . . . .
. . . . . .
目的地点
4 . . . . . .
5 . . . . . .
1 . . . . . .
3 . . . . . .
2 . . . . . .
6 . . . . . .
形状の値
単1バッテリーの数 点灯していないインジケーターの数 単3バッテリーの数 点灯したインジケーターの数 ポートの種類の数
パターン
細い線 太い線 塗りつぶし 小さいドット 大きいドット バツの線

使用迷路の特定

  • 2つの回転するマーカの列(1~6)の数字を取得し、3より大きくなる場合は1~3の範囲になるまで繰り返し3を減算する。
  • これらの値から新しい座標を作成する。
    • 時計回りのマーカーの数字を列として扱う。
    • 反時計回りのマーカーの数字を段として扱う。
  • この座標は、マニュアルを全画面表示で見た際に迷路1つひとつをセルとした3×3グリッドのいずれかを指す。この迷路を使用する。