モジュール詳細:欠陥数字根

「人参?」「その根でもない。」

このモジュールは、「数字根(Digital Root)」モジュールであるべきであったが、予算削減の結果欠陥がある。必要な調整をして、元の「数字根」マニュアルを利用して解除する。

モジュールの最も右にある画面はランダムな数字を表示している。この数字を利用しても、解除することはできない。代わりに、その数字の2で割ったときの余りを利用する。

余りが0である場合、3つの数字の和の数字根(3つの数字の和のそれぞれの位の数を足すことを、一桁になるまで繰り返す)を求める。余りが1である場合、積の数字根(3つの数字の積のそれぞれの位の数を掛けることを、一桁になるまで繰り返す)を求める。

計算された値を二進数に変換したものを送信する。「Yes」ボタンを押すと1が送信され、「No」ボタンを押すと0が送信される。下の表を利用して、各数字を二進数を変換する。既にいずれかのボタンが押されている場合、下のLEDのバーが点灯する。送信された二進数が誤っていた場合、ミスが記録されモジュールはリセットされる

数字 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
二進数 0000 0001 0010 0011 0100 0101 0110 0111 1000 1001