モジュール詳細:欠陥シンク

配管が適切に機能していないことほど悪いことはない。

弊社「Sink」の拠点移転につきまして、製造上の問題がいくつか発生し、多くの当社製品で不具合が生じました。
この問題は基本的に当事者であります弊社で処理されますが、これら「欠陥シンク」の多くは一般に公開されているらしく、弊社の責任において安全性及びパフォーマンスのために当製品の回収を要請します。
残念ながら、この製品は爆発を念頭に置いて設計されているため、製品を取り外して返却する前に、製品を分解する方法を理解しておくことが重要となります。
幸いなことに、「欠陥シンク」の動作に関する書類がございます。元のマニュアル「シンク(Sink)」を合わせて使用し、次の手順を実行してください。ルールに記載されていない行動は行ってはいけません。
重要事項:ノブが回転し続けることが、最も多く発生する誤作動である。ボタンを操作すると、ノブの1つが自動的に回転し始める場合がある。ノブは手動で停止させるまで回転し続ける。
ノブの回転を停止するには、次の3つの方法がある。

  1. 正しい3つのノブを回した後にノブが回転した場合は、3つの入力を逆の順序で選択する。
  2. それ以外の場合、ノブが時計回りに回転している場合は、回転しているノブを正確に3秒間長押ししてから離す。5秒以上長押しすると、ミスが記録される場合がある。
  3. それ以外の場合、ノブが反時計回りに回転している場合は、もう一方のノブを選択する。
  • 配水管のみが黒の場合、ホットノブを選択してからシンクを選択する。
  • 配水管が青の場合、全てのホットとコールドを反転させる。
  • ノブの一方がピンクの場合、モジュールにある別のオブジェクトを選択してからピンクのノブを選択して色を上書きする。ノブ同士の色が同じになるようにすると。
  • すべてのオブジェクトが黒の場合、製品は過熱状態である。ホットノブを使用してはならない。ホットノブの代わりに蛇口または配水管を使用することができる。コールドノブは通常通り機能する。
  • モジュール全体が逆さまになっている場合、製品は全て逆に動作している。元のマニュアルの条件の数字を下から1~6に、バッテリーの数を下から0~1に、ノブの入力を逆の順序で入力する。