モジュール詳細:有限ループ

過去の自分が敵だなんて誰が思った?

このモジュールには25の部屋があり、一部の部屋には6つの暗号化された文字のうちの1つが含まれる。モジュールを解除するには、正しい単語を入力する。このモジュールには「タイムループ」システムが搭載されている。モジュールを選択解除すると、モジュールは「ソフトリセット」される。モジュールを選択すると、モジュールはすべての行動の記録を開始し、同時にソフトリセットされる前の行動をすべて再現する。これまでのソフトリセットを無効化するには(これを「ハードリセット」と呼ぶ)、C4部屋にある大きなボタンを2回押す。これによって、部屋の内容や答えが変化することはない。

部屋を移動する際は黒と赤の矢印を利用してはならない。他の色は使用可能である。

部屋の種類

  • ベース部屋 - 部屋の構成に関わらず、常に同じ位置にある。
  • 交差点 - リセットを利用して、隣接する部屋のドアを開ける事ができる。
  • 最終部屋 - 行き止まりではあるが、多くの場合暗号化された文字を含む。
  • 駄部屋 - 何かがある部屋同士をつなぐ、何もない部屋。

ベース部屋

  • 中央部屋はC3にある。ソフトリセットの開始時はこの部屋から始まり、答えの入力もここで行う。
  • 図式部屋はC2にある。部屋の構成と暗号の含まれた最終部屋の位置、あるいは、交差点の位置とその種類が表示される。これらの表示は、スイッチによって切り替える事ができる。
  • ボタン部屋はC4にある。ボタンを2回押すと、ハードリセットされる。

交差点

  • ボタン(B) - ボタンを押している間、いずれかの部屋が開かれる。
  • ダイヤル(K) - 特定の方向にダイヤルを向けると、いずれかの方向の部屋に入ることができる。
  • パネル(P) - ボタンとディスプレイがあり、より多くのボタンが押されるとより多くのドアが開く。
  • 双極性(D) - ソフトリセットの回数が偶数か奇数かによって、開かれるドアが切り替わる。

研究所から一言: 双極性部屋はメンテナンスが難しく、正しく機能することが多いが確実とは言えない。大抵部屋は安全であるが、注意して進むように。

最終部屋

これらの部屋は、暗号が含まれるものと含まれないものがある。暗号が含まれないものについては、矢印とともに来た道を戻るような指示が書かれている。地図を利用してどの部屋に暗号が含まれているか特定できる。また、暗号が含まれている部屋には次の情報が書かれている。

  • 暗号化された文字 - その他の情報の下に大きく書かれている。
  • 暗号方式 - 暗号化された文字に使用された暗号方式。上部に書かれている。
  • - 暗号に使用される。右上のダイヤモンドの中に書かれている。
  • 位置 - 最終的な単語における、文字の位置(例: 数字が1の場合、これは単語の最初の文字である)。左上の円の中に書かれている。

暗号方式

  • A1Z26 - 表示されている数字を、アルファベットでその位置にある英字に変換する。また、以下の指示で英字を数字に変換するような指示があった場合、A1Z26を利用する。
  • Affine(アフィン) - 暗号化された文字を数字に変換し、2N+1(Nは鍵)と乗算し、結果を26で割った余りを英字に変換する。数字が0の場合、それはZである。
  • Atbash(アトバッシュ) - 暗号化された文字を数字に変換し、27からその値を引き、その数字を英字に変換する。
  • Caesar(カエサル) - 暗号化された文字を数字に変換し、鍵の値を加算し、26より多ければ26を減算し、その数字を英字に変換する。
  • Modern(現代) - 「QWERTYUIOPASDFGHJKLZXCVBNM」(現代キーボードの配列)で暗号化された文字の位置を特定し、鍵の数の分だけ右に移動する。一番右に到達した場合、一番左に戻って続ける。最後に到達した位置の文字が結果の文字である。
  • Vigenère(ヴィジュネル) - 暗号化された文字を数字に変換し、鍵の値を減算し、1より小さければ26を加算し、その数字を英字に変換する。

結果の入力

結果が得られた場合、その結果を入力する事ができる。これは中央部屋で行われる。6つの点は点字を表すことができる。文字を送信するには、現在押されているボタンが対応する文字の点字である瞬間に長方形のボタンを押す。6つの文字が送信されると、それが正答であるかによってモジュールが解除されるか、ミスが記録されてモジュールがハードリセットする。

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z