モジュール詳細:緑色暗号

緑であることは簡単ではない。暗号化するのも簡単ではないのだ。

このモジュールは、3つのディスプレー、キーボード、左右の矢印、及び現在のページを表示するボタン(送信ボタン)で構成されている。

矢印を押すと、ページを移動することができる。全2ページ構成である。

ページ1では、上のディスプレーに6文字の暗号化された単語、真ん中と下のディスプレーに6桁の数字が表示されている。

ページ2では、上のディスプレーに3つの英字、真ん中のディスプレーに単語が表示される。

以下のルールに従って単語を解読する。

ステップ1:ホモフォニック暗号

ページ2の3文字の英字を使用して以下の表の数字の配置を設定する。
数字が記されている各段について、最も小さい値がページ2の3文字の各英字の下に来るようにずらす。例えば、与えられた英字がAULの場合、上段の最も小さい値「01」がAの下に来るように配置し、中段の最も小さい値「27」がUの下に来るように配置し、下段の最も小さい値「53」がLの下に来るように配置する。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52
53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78

ページ1の真ん中と下のディスプレーの数列は、構成された表を使用して暗号化された単語を示している。

真ん中の数字を10の桁、下の数字を1の桁として、6つの2桁の数字を作成する。

各数字ごとに、構成された表でその数字を見つけ、その数字の一番上にある英字を取得する。

この手順を全て行い、6文字の単語を作成する(意味の通る単語になっていない場合は違っている可能性がある)。この単語はステップ3で使用する。

真ん中の数字:361037
下の数字:988192
ページ2の3つの英字:AUL

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 27 28 29 30 31 32
68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67

39 -> G
68 -> A
18 -> R
01 -> A
39 -> G
72 -> E
作成された単語:GARAGE

ステップ2:ラグベイビー暗号

ページ1の上のディスプレーの単語とページ2の真ん中のディスプレーの単語を使用する。

ページ2の単語に対して、重複する英字を重複しないように2文字目以降を削除し(HELLO→HELO)、新しいキーを作成する。
次に、アルファベット全体から先程作成したキーの文字を取り除いた文字列を作成する。

点灯していないインジケーターの数が偶数の場合、キーの後ろに文字列を連結して26文字のラグベイビーキーを作成する。点灯していないインジケーターの数が奇数の場合は、キーの前に文字列を連結する。

ページ1のディスプレーの単語の英字を左から順に、以下の指示に従わせる。Xの初期値は1である。

これにより、新しく暗号化された単語を取得する。

例2

ページ2の上の単語:XSSAAE
点灯していないインジケーター:偶数
ページ2の真ん中の単語:EXTEND
ラグベイビーキー:EXTNDABCFGHIJKLMOPQRSUVWYZ

X -> E
S -> Q
S -> P
A -> X
A -> E
E -> S
新しく暗号化された単語:EQPXES

ステップ3:機械暗号

ステップ1・2で作成された6文字の単語を使用し、以下の手順に従う。

ステップ1の単語の1文字目を段として使用する。

その段の中からステップ2の1文字目の単語を探す。

その列の一番上にある英字が、復号化された英字である。

各英字をこの工程で取得し、復号化された単語を特定する。

例3

ステップ1で作成された単語:GARAGE
ステップ2で作成された単語:EQPXES

G + E -> R
A + Q -> E
R + P -> T
A + X -> I
G + E -> R
E + S -> E
復号化された単語:RETIRE

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
A U F H K Q I P L X N Z E S G B V M C W J R D O T Y A
B I W C Z Y M L K J O D G F S Q R N B T X H U E V A P
C W B S M E J T U C P F A H Z O Q L I K N Y V G X R D
D G R I N Q V W O T Y A J X B M H C F K L D U S Z E P
E D L T V S U I K W C X R F J Z A N Y H M Q O G E P B
F F S V C E I U J K P G N T Y H B L R Q O X M A D W Z
G J O C Y W F P A D K H I U V T S M E N G Q L Z B R X
H B P H O R A K N U E T D Z Y Q I M S F J G V W C X L
I A N D S Q W T G X K F P C O V B L M Y E Z H R J I U
J A Q J P B U S G W N X Z V D Y L E T C O F H R I M K
K B H F T D G E R X J A M U N Z V Y K O S P I L C W Q
L J H U K D M S N E B I C Z Y W L X Q F P O R T A V G
M A S N T Z D B G W Y I L E O R C Q F X J P K H M V U
N R P C Q A B V L G W F E N I K Y M D U T S J X O Z H
O Y I X N V W Q S U H F O M Z D G K J P C T B E L A R
P I M P C Z L E G J A R N T W S Y F Q D O U B K H V X
Q J G K O X M U B A V R T F Y C N P W Q Z E S I L H D
R S V H D B Z N M K W J I E U Y F X R Q P L G C A T O
S T Z X G O P N B W A I Y R H Q L V K J S C D U E F M
T D J Q Z Y W T P K I X C V A B F N U E O L H S G R M
U C J O E D Y H B N I X Z R T P W G A L F K U S M V Q
V F E H L Y O B G R X Q K V Z U I M J T N A C D P S W
W M O G A P T H I Z X R F K L Y S V D B W U Q N E C J
X R X M S B P W O E J A D I Y N Q L G K C T U H Z F V
Y Z J V W F B E O T K R D H S C P I G Q N A Y L U X M
Z V W F X U E K R L B Q T M C H S G J O Z Y D A P I N

復号化された単語をキーボードを使用して入力し、「SUB」ボタンを押して送信する。

矢印ボタンを押して入力を削除することができる。入力後にもう一度ページを見たい時も矢印を押して見ることができるが、入力はすべて削除されてしまう。

間違った入力をするとミスが記録されるが、ページの単語等は変更されない。