モジュール詳細:木星

判決が言い渡されるが、あなたはガス巨人に味方するか?

  • 標準モジュールの背景がある場合、または表示されている惑星が 木星ではない場合、間違ったモジュールを見ている。
  • ステータスライトの近くにある球体を押すと、球体をもう一度押すまで惑星が消える。
  • このマニュアルでは、以下の表を使用する際にいくつかの用語を使用する:
    • 「ノード」、チャート内の正方形を指す。いくつかのルールでは、訪れたノードの数を参照する場合がある。「訪れたノード」とは、現在のノードと以前に訪れたノードの総数を指す。
    • 「オービタルノード」とは、1つの軌道のみを辿っているものを指す。
      • 「反対のオービタルノード」とは、参照しているオービタルノードと同じ色のもう一方のオービタルノードを指す。
    • 「コネクターノード」とは、ゴールノードを含めた5つの軌道があるノードを指す。
    • 「ゴールノード」とは、中央のノードである。
    • 他のすべてのノードは、「スタンダードノード」と呼ばれる。
  • ステータスライトと同じ位置にあるスタンダードノードから開始する。各ノードの種類と色を使用してルールに従う必要がある。
  • シリアルナンバーの数字の合計から開始し、ノードに訪れるたびに右側の計算を行う。一部の演算子は下に説明がある。
  • カウントダウンタイマーの秒の一の桁が最終的な数字に訪れたノードの総数を加算したものを10で割った余りの値の時に惑星を押す。*
演算子 説明
| 現在の数字と表から得た数字を二進数に変換し、それらの各ビットを比較する。いずれかのビットが1なら出力は1となる。最終的な二進数を10進数に変換する必要がある。数値が負の場合は何もしない。
& 現在の数字と表から得た数字を二進数に変換し、それらの各ビットを比較する。両方のビットが1なら出力は1となる。最終的な二進数を10進数に変換する必要がある。数値が負の場合は何もしない。
^ 現在の値の[表から得た数字]乗を求める
% 現在の数字を表から得た数字で除算した余りを求める。
小数になった場合は切り捨てる。
/ノードの種類 ➔ スタンダード オービタル コネクター ゴール
BFH * 3 BGJ - 2
オレンジ CEH | 1
GAH & 9 EBKCI ^ 2
FJK + 7 FDKBE + 0
HBC * 1.5 CDK / 4
シアン JDA % 5 IDEAF % 9
マゼンタ CDK | 11 KGJEA + 11
ADH + 522
DEF * 7
M % 10
A 現在の訪れたノードの数が偶数である
B 木星を正面から見た際に木星が時計回りに回転している
C 木星の自転方向が木星の底から見たときに時計回りである
D 現在の訪れたノードの数が偶数である
E ステータスライトがモジュールの左半分にある
F ステータスライトがモジュールの右半分にある
G ステータスライトがモジュールの上半分にある
H ステータスライトがモジュールの下半分にある
I 現在のノードは2・4・7・10・11番目のいずれかで訪れたノードである
J 現在のノードは1・3・5・6・8番目のいずれかで訪れたノードである
K 現在のノードは9番目に訪れたノードである、または1つ前に訪れたノードの色が赤/緑/青のいずれかである
L 明確に述べてはいないが、ゴールノードを除くすべてのノードはまずこのルールが適用される
現在のノードが12番目に訪れたノードの場合、ルールMに従う
M 移動を停止する。ここで最終的に得られた数字が「最終的な数字」である。

ノードがいつ「訪問」されたかを参照する場合、基準に適合する最も新しいノード(スタンダード、オービタル、またはコネクターなど)を想定する。

移動ルール
スタンダード
  • 最初のルールが真の場合、最後に訪れたオービタルノードからそこに接続されているスタンダードノードを中心として時計回りにあるオービタルノードに移動する。
    • 以前に訪れたオービタルノードがない場合、ステータスライトの位置の正反対(ステータスライトが左上なら、右下のスタンダードノードに接続されている右下のオービタルノード)を最後に訪れたオービタルノードとして使用する。
  • それ以外の場合、2番目のルールが真の場合、自分がまだ訪れていない方のコネクターノードに移動する。
    • 以前に訪れたコネクターノードがない場合、または以前に訪れたコネクターノードが現在いる標準ノードに接続されていない場合、現在の位置からゴールノードを中心として時計回りにあるコネクターノードに移動する。
  • それ以外の場合、3番目のルールが真の場合、現在のノードからゴールノードを中心として反時計回りのスタンダードノードに移動する。
  • それ以外の場合、以前に移動したコネクターノードに移動する。
    • 以前に訪れたコネクターノードがない場合、現在のノードからゴールノードを中心として反時計回りにあるコネクターノードに移動する。
オービタルノード
  • 最初のルールが真の場合、「反対のオービタルノード」に接続されているスタンダードノードに移動する。
  • それ以外の場合、2番目のルールが真の場合、現在のオービタルノードが接続されているスタンダードノードから接続されているコネクターノードのうち、まだ訪れていない方のコネクターノードに移動する。
    • そのようなコネクターノードがない、またはどちらのコネクターノードにも訪れていない場合、現在のノードからゴールノードを中心として時計回りにあるコネクターノードに移動する。
  • それ以外の場合、3番目のルールが真の場合、現在のオービタルノードが接続されているスタンダードノードから接続されているコネクターノードのうち、既に訪れた方のコネクターノードに移動する。
    • 前に訪れたコネクターノードが現在のノードと接続されていない、そのようなコネクターノードがない、またはどちらのコネクターノードにも訪れている場合、現在のノードからゴールノードを中心として反時計回りにあるコネクターノードに移動する。
  • それ以外の場合、現在のノードが接続されているスタンダードノードを中心として現在のノードから反時計回りのオービタルノードに移動する。
移動ルール
コネクターノード
  • 最初のルールが真の場合、ゴールノードに移動する。
  • それ以外の場合、2番目のルールが真の場合、現在のコネクターノードからゴールノードを中心として時計回りにあるコネクターノードに移動する。
  • それ以外の場合、3番目のルールが真の場合、ゴールノードに移動する。
  • それ以外の場合、4番目のルールが真の場合、現在のコネクターノードからゴールノードを中心として反時計回りにあるコネクターノードに移動する。
  • それ以外の場合、5番目のルールが真の場合、ゴールノードに移動する。
  • それ以外の場合、以前に訪れたスタンダードノードの左上のオービタルノードに移動する。

意図的な空白ページ

意図的な空白ページ

*爆弾にモジュール「月(The moon)」が79個、モジュール「太陽(The sun)」が1個ある場合、いつでも木星を押して解除できる。