モジュール詳細:クーゲルブリッツ

虚 無 に 屈 し な さ い 。

このモジュールは、7色の粒子が周囲を高速回転している黒い球体がある。この粒子は、色付き(1)またはグレースケール(0)で表示される。無視されないモジュールが解除されるごとに、グレースケールが黒と白の間で交互に切り替わる。解除の度に、虹色の順番(赤橙黄緑青藍紫)の全粒子から二進数表記の値(バイナリ)を取る。色が表示されていない場合、それはグレースケールで表示され、その桁は0である。このバイナリ文字列と以前の文字列のXORを演算し(存在すれば)、新たなバイナリ文字列を取得する。複数「クーゲルブリッツ」モジュールが存在する場合、このマニュアル内のそれらの色を参照する。最終的な値は初期座標を示し、「Rxxxyyy」で定義される。xxxとyyyはX座標とY座標(X, Y)の二進数表記であり、左上を(0, 0)とする。

このモジュールが解除可能な状態になると、粒子は急激に速度を落とし、白あるいは虹色に光る。また、2.5秒ごとに黒色のパルスが発生する。北を起点に、色の付いている粒子の数だけ時計回りに45度回転し、初期方向を求める。

クーゲルブリッツの繰り返し

以下の処理を行って、数字を獲得する。表(2ページ目参照)はクラインの壺のようにループしており、上下方向でループする場合は表の中央の縦軸を中心とした反対方向の位置にループし、左右方向でループする場合は表の中央の横軸を中心とした反対方向の位置にループする。7桁の数字を獲得したら停止する。

  1. 表内で、初期方向を向いている初期座標の位置から開始する。nの初期値は0である。
  2. 現在の位置の値を現在の値に加算し、進行方向に1マス進む。
  3. 直前の動作をn回繰り返す。
  4. 結果を7で割った余りを最終的な数字の桁とする。
  5. R = 1の場合は反時計に135度回転し、そうでなければ時計回りに135度回転する。
  6. 現在の値を0に戻し、nを1増加させ、ステップ2に戻る。

各桁を、0を消去せずそれぞれ3ビットの2進数に変換する。この2進数の前に1を追加する。

各ビットは、いくつかの例外を除いて1は「i」を表し、0は「p」を表す。既に3つの「i」が連続して現れた場合、次の文字は常に「p」となる。既に2つの「p」が連続して現れた場合、次の文字は常に「i」となる。「p」より前にある「i」の個数が偶数の場合、その「p」の次の文字は「i」になる。ビットは左から右に変換する。

シーケンス中の「i」の個数が奇数の場合、シーケンスの末尾に「i」を追加する。既に3つの「i」が連続して現れていてもよい。

各「p」についてはそのパルスを待機し、各「i」については、そのパルスにおいて球体の長押しの開始と終了を切り替える。

ここまで正しく完了できた場合、球体が明るくなる。送信時点で最初のミスが記録されると、モジュールはミス状態になる。この状態では「ii」を送信すると一つ前のステージに戻り、「iiii」を送信すると一つ先のステージに進む。このコマンドは、以後、爆弾に搭載されたすべての「クーゲルブリッツ」モジュールで自由に使用することができる。


5136402
1264053
4051326
3520164
0342615
6405231
2613540

色付きクーゲルブリッツ

基本情報

「色付きクーゲルブリッツ」は、それ自体でシーケンスを作るのではなく、通常の「クーゲルブリッツ」(通常のクーゲルブリッツは常に1つ)からシーケンスをどのように取得するのかに影響する。

通常の「クーゲルブリッツ」のように、モジュールには虹色の順でバイナリ文字列が表示されるが、「色付きクーゲルブリッツ」の色は黒と入れ替わっているため、黒の粒子はその色に対応するビットを1にすることになる。バイナリ文字列とのXORは必ずしも取得しなくてよいことに注意する。

最終的なシーケンスはいずれかの「クーゲルブリッツ」に入力可能であり、すべて同時に解除される。ミス状態の「クーゲルブリッツ」では、他の「クーゲルブリッツ」モジュールも前のステージに移動する。

特性

バイナリ文字列の全てのn番目のビットの和を取得し、7で割った余りをn番目の桁とする文字列を取得する。この値を通常の「クーゲルブリッツ」で二進数に変換する直前の値のn桁目に加算する。計算結果は7で割った余りに変換する。

バイナリ文字列のXORを演算する。n番目の桁が1の場合、n番目の3連続1(黄色も組み合わせる場合は4連続の可能性もあり)がある箇所を、先頭の1を除いて反転させる。

バイナリ文字列のXORを演算する。n番目の3回連続1がある箇所の前に、このシーケンスのn番目の桁を追加する。バイナリ文字列の先頭にある1は無視する。

バイナリ文字列の全てのn番目のビットの和を取得し、7で割った余りをn番目の桁とする文字列を取得する。この値にn(1から開始)を加算する。計算結果は7で割った余りに変換する。n回目の移動の際には、通常の1234567を使うのではなく、この文字列が前進する回数になる。

バイナリ文字列の全てのn番目のビットの和を取得し、3で割った余りをn番目の桁とする文字列を取得する。この文字列の5番目の桁をその他の桁に加算する。計算結果は3で割った余りに変換する。0を3に変換し、シーケンスから5番目の桁を取り除き、6桁のシーケンスを取得する。進行方向を回転する際には、通常の333333(毎回135度回転)を使うのではなく各桁に対応した回転を使用する。1の場合は45度回転、2の場合は90度回転、3の場合は135度回転する。

バイナリ文字列のXORを演算する。各桁とこの文字列の6番目の桁のXORを演算する。このシーケンスから6番目の桁を取り除く。進行方向を回転する際には、各桁に対応した回転を使用する。1の場合は時計回りを反時計回りに変更し(逆も同じ)、0の場合はそのままにする。この入れ替えは、回転を実行する前に行う。

バイナリ文字列を偶数番目のステージか奇数番目のステージで得られたかで2分割する。この分割を念頭に置きながら、バイナリ文字列の全てのn番目のビットの和を取得し、7で割った余りをn番目の桁とする文字列を取得する。初期ステージを含むグループを横に並べ、それを複製して7段のシーケンスを作る。もう片方のシーケンスは縦に並べ、それを複製して7列の列を作る。これらの7×7グリッドの各位置の数をマニュアルの7×7グリッドの数の合計を求める。計算結果は7で割った余りに変換する。この新しいグリッドをマニュアルのグリッドの代わりに使用する。

このタイプの「クーゲルブリッツ」は、他のすべての色がもう利用できない場合にのみ現れる。このモジュールは何もせず、他の「クーゲルブリッツ」モジュールが解除されたときに自動的に解除される。

Twitch Playsの場合

Twitch Playsでは、特性を使うか選択することができる。すべてのシーケンスを組み合わせて入力すると、すべてのKugelblitzモジュールが一度に解除される。しかし、すべての「クーゲルブリッツ」が特性を持たず、通常の「クーゲルブリッツ」であるかのようにみなして、別々に解除することもできる。この場合、一度にすべて解除されるのではなく、1つずつ解除される。「クーゲルブリッツ」を1つ解除した後でも、完全なシーケンスは入力することができ、その場合は通常通り他のすべてのモジュールが解除される。