モジュール詳細:論理

論理は簡単だが、論理 かつ 爆弾解除は難しい。

  • 各段に3つの英字が表示される。各英字は、表1を使用して真/偽を割り当てることができる。
  • 先に括弧内の真偽を特定した後、その結果と残った英字で真偽を特定する。
  • 英字は論理記号で結合されている。表2を使用して論理記号を解釈する。
  • 英字の上に赤いLEDが点灯している場合、その英字に追加でNOTを適用する(真を偽に、偽を真にする)。
  • 各段の最終結果を右のボタンに入力し、SUBMITを押して回答を送信する。
  • 真はT、偽はFと解釈される。

表1:英字の真偽

英字 条件 英字 条件
A バッテリーの数=インジケーターの数 N バッテリーホルダーが2つを超える
B シリアルナンバーには数字より英字が多く含まれている O 点灯したインジケーターと点灯していないインジケーターの両方がある
C INDインジケーターがある P パラレルポートがある
D FRKインジケーターがある Q ポートが2つちょうどある
E 点灯していないインジケーターが1つちょうどある R PS/2ポートがある
F ポートの種類が1つより多い S シリアルナンバーの数字の合計>10
G バッテリーが2つ以上ある T MSAインジケーターがある
H バッテリーが2つ未満である U バッテリーホルダーが1つちょうどある
I シリアルナンバーの最後の数字が奇数 V シリアルナンバーに母音が含まれている
J バッテリーが4つを超える W インジケーターがない
K 点灯したインジケーターが1つちょうどある X インジケーターが1つちょうどある
L インジケーターが2つを超える Y ポートが5つを超える
M 重複するポートがない Z ポートが2つ未満である

表2:論理記号一覧

論理接続詞 記号 論理ゲート 意味
論理積 AND 両方の入力が真なら出力は真である。それ以外は出力は偽である。
論理和 OR どちらかの入力が真なら出力は真である。それ以外の場合は偽である。
排他的論理和 XOR 片方のみ入力が真なら出力は真である。それ以外の場合は偽である。
否定論理積 | NAND いずれかの入力が偽なら出力は真である。それ以外の場合は偽である。
否定論理和 NOR 両方の入力が偽なら出力は真である。それ以外の場合は偽である。
同地 XNOR 両方の入力が同じなら真である。それ以外場合は偽である。
含意 - 左の入力が真で右の入力が偽なら出力は偽である。それ以外の場合は真である。
逆含意 - 右の入力が真で左の入力が偽なら出力は偽である。それ以外の場合は真である。