モジュール詳細:現代暗号

ローマの武将カエサルは、自ら暗号を生み出したと言われている。彼を現代の暗号学の父と呼ぶこともできるだろう。しかし、あなたのような兵士なら私達のメッセージを解読できるでしょう?

暗号化された文字列が表示される。これを復号し、下のディスプレイに入力して「OK」を押して入力を送信する。
復号するためには、まずキーを特定することから始める。
キーはシリアルナンバーの全ての数字を合計することで求めることができる。付録「復号」を使用し、キーの数字文を上または下に移動する必要がある(端に到達した場合は反対側に行く)。
ミスがある場合は、キーの数にミスの数を加算する必要がある*。

ケース1:シリアルナンバーに母音が含まれている
全ての英字を「後方(表では上方向)」にキーの数分シフトさせる必要がある。
ケース2:バッテリーが3つより多い
全ての英字を「前方(表では下方向)」にキーの数分シフトさせる必要がある。
ケース3:シリアルポートがある
ステージ1の場合はケース1の方法で復号する。
それ以外の場合は、以前に復号した最後の単語の文字数をキーに加算し、ケース1の方法で復号する。
ケース4:いずれにも該当しない
単語が表示された時点で解除されているモジュール数をキーに加算し、ケース2の方法で復号する。

*暗号が生成されたタイミングでのミスの回数を利用する。

復号


英字 数字
Q 0
W 1
E 2
R 3
T 4
Y 5
U 6
I 7
O 8
P 9
A 10
S 11
D 12
F 13
G 14
H 15
J 16
K 17
L 18
Z 19
X 20
C 21
V 22
B 23
N 24
M 25