モジュール詳細:抵抗器

「最後よりも最初に抵抗する方が易しい」
― レオナルド・ダ・ビンチ、先延ばしについて

このモジュールには2つの入力ピン(AB)、2つの抵抗器、2つの出力ピン(CD)がある。以下のルールに従って、正しい接続を行う。接続を行うには、二つのピンを順番に選択すれば良い。「CLEAR」を押すとすべての接続を消去することができる。

  1. シリアルナンバーの最初の数字を利用する(数字がない場合0を利用する)。それが偶数ならば、主な入力Aであり、奇数ならば、Bである。

  2. シリアルナンバーの最後の数字を利用する(数字がない場合0を利用する)。それが偶数ならば、主な出力Cであり、奇数ならば、Dである。

  3. 次に従って、目標の抵抗値(単位Ω)を計算する。

    1. シリアルナンバーの最初の2つの数字を利用する。
      例: 2E7X1927, ZJ3MLN3, ABCDEF0
    2. バッテリー一つごとに10を掛ける(最大6回)。
  4. 間の抵抗値が目標の抵抗値になるように、主な入力と主な出力を接続する。

    注意: 全ての抵抗値は5%の精度で正しければよい。

  5. 点灯したFRKのインジケーターが存在する場合、主な入力と主ではない出力を、間の抵抗値が目標の抵抗値になるように接続する。

    注意: これによってCとDは有限の抵抗値によって接続されることになる。この値は回答の一部として検査されないので、どのような値でも良い。

  6. ステップ5が適用されず、少なくとも1つの単一バッテリーが存在する場合、主ではない入力と主ではない出力を0Ωの抵抗値で接続する。

  7. 「CHECK」を押して回答を検査する。これまでに状態を言及されていない入力・出力については、接続されていてはならない。

目標の抵抗値を生成する方法については、次のページを参照する。

抵抗値の計算

入力と出力は、以下の5通りの方法で接続することができる。

  1. 抵抗器、抵抗値は0Ω。
  2. 上の抵抗器のみ.
  3. 下の抵抗器のみ.
  4. 両方の抵抗器が直列
        例: 入力 → 上の抵抗器 → 下の抵抗器 → 出力
    合成抵抗値は、二つの抵抗器の抵抗値の和。
  5. 両方の抵抗器が並列
        例: 入力 → 上の抵抗器, 入力 → 下の抵抗器,
        上の抵抗器 → 出力, 下の抵抗器 → 出力
    合成抵抗値は、二つの抵抗器の抵抗値のいずれよりも小さくなる。

気になる方へ... 計算式は1 / (1 / (上の抵抗値) + 1 / (下の抵抗値))
テストにはでないから安心してね!

抵抗値の読み方

それぞれの抵抗器には色のついたマーキングが3つ印刷されている。これは、2桁の数字と乗数を示している。 4つ目のマーキングは抵抗値許容差を示す(使用しない)。 4つ目と3つ目のマーキングの間には大きな隙間が存在する。 抵抗は回転されている場合がある。正しい方向で読むように注意すること。

一つ目 二つ目 乗数
0 0
1 1 10Ω
2 2 100Ω
3 3 1,000Ω
4 4 10,000Ω
5 5 100,000Ω
6 6 1,000,000Ω
7 7 10,000,000Ω
8 8
9 9
0.1Ω
0.01Ω

例: 緑、紫、黄であれば、抵抗値は57 × 10,000Ω = 570,000Ω.