モジュール詳細:反転ブーリアンネットワーク

。だか外以俺か俺。るいが間人の類種01はに中の世

  • このモジュールのステータスライトは左下にある。右上にある場合、ブーリアンネットワークを参照している
  • このモジュールには白、灰、黒で縁取られた6つのボタンと9から12本の矢印が含まれる。
  • ボタンの縁の色はステップ0でのボタンの状態を示している。縁が白の場合、そのボタンのステップ0の値は1であり、黒の場合値は0である。灰の場合、値は不定である。
  • 次のステップのボタンの状態を決定する入力は、矢印の形状によって次のように解釈される。
A -> B 前のステップのAの値が1の場合、入力は1である。そうでない場合、入力は0である。
A -| B 前のステップのAの値が1の場合、入力は0である。そうでない場合、入力は1である。
  • 次のステップのボタンの値は、矢印で決定した入力とボタンの色で決定する。
全ての入力が1の場合、次のステップの値は1である。そうでない場合、入力は0である。
いずれかの入力が1の場合、次のステップの値は1である。そうでない場合、入力は0である。
過半数の入力が1の場合、次のステップの値は1である。そうでない場合、入力は0である。
  • 全ての考えうるステップ0の全通りの状態のうち、ステップ3でのボタンの値がモジュールの状態と一致する状態を全て求める。不明な値のボタンについては、0でも1でもよい。
  • それぞれのボタンについて、その状態の中でステップ0での値が1となる状態の個数を求める。
  • その個数が最も少ないボタンから順に全てのボタンを押す。同点がある場合、ボタンを押す順番はどちらからでもよい。
  • すべてのボタンが正しい順番で押された場合、モジュールは解除される。順番が誤っている場合、ミスが記録され、それまでに押されたボタンの状態はリセットされる。